伊吹山車中泊☆

LINEで送る
Pocket

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス



こんにちは!まーちゃんです^^


この連休は日・月を使って車中泊旅行に行ってきました〜♪


最近のコロナ禍では外食も控えているので、遊びといえばもっぱら車中泊が多いです。

食事ももちろん車内で😃🚐

お風呂だけは入りに行くんですけどね〜

まぁお風呂で感染広がったという話は一度も聞いていないので、多分ウイルスもお湯に流されているのかな?(予想)



ということで、土曜日はめいいっぱいだらけたので、日曜日に準備してから結局3時くらいに出発!

今日はお酒以外は買い出しせず家にある食料で過ごします。


行き先は伊吹山!


ひとまず目的地は池田温泉の道の駅。

そこで宿泊!


道の駅に着いたのが、下道で行ったので結局7時前くらい。。

それから旦那さんに車を料理バージョンに準備してもらって(軽バンなので模様替えが必要)、準備が終わったら温泉に入りに行こう〜♬

ってるんるんで温泉まで歩いて行くと・・・


なんと!


緊急事態宣言のため時短営業・・・😱
7時半までで入場が終了していたのでした。。。



・・・旦那さん、完全に意気消沈。


どうする?もう帰る??
みたいな、ちょっと完全燃え尽きの空気・・・(ーー;)


でもとりあえず帰ってもご飯は遅くなるし、ご飯だけ炊きますか、、とメスティンで炊飯。

今日は旦那さんが料理担当だったんですが、燃え尽きてたので代わりにご飯を準備した^^;


ちなみに持ってきていたのは白米と麻婆春雨とウインナー。あとは途中で購入した里芋とイカの煮物缶詰。


ということでご飯を準備してもうとりあえず飲むか!
とビールを飲み始めたら、まぁ温泉はスケジュールを変更して明日の朝風呂でもいいか♪

という流れになりました^^



そして翌朝、朝一10時に万を持して温泉へ!

ちゃんと営業してた〜^^♬

券売機で券を買って(日帰り入浴一人700円)、早速温泉へ。


温泉は内風呂と露天風呂があって洗い場も広くてきれいでした〜


温泉はぬるぬるした感じでとっても「温泉!」って感じ^^♬(語彙力)


昨日の汗を流してさっぱりしたのでした☆




ということで気を取り直して伊吹山へ出発!


伊吹山はドライブウェイがあって(有料)、その行き先が山頂付近の駐車場になってました。


ドライブウェイの料金は旦那さんもよく調べてなかったみたいで、1台3140円(軽四の場合)もかかったσ(^_^;)

意外と高い〜!



これ、今回の低予算旅行の予算で考えたら事前に調べてたら却下だったよね^^;



とはいえ、標高1000メートル以上の山を一気に車で登っていけるっていう登山家の方からしたら邪道すぎる手を使って楽して登れることを考えたらこのくらいの値段はするのかな。(メンテナンスもすごいお金かかりそう)。



20分くらいかな?で駐車場に到着〜

山頂へのルートは上りは2つあって、距離500メートルで20分くらいの道と1時間かけて登る道。



体力ないまーちゃんは迷わず20分の道を選択!


ちょっと天気が曇りというかガスがすごかった。。。


この道はほとんど階段を登って行く感じで急な道が続いてました。



完全に運動不足だったので、ちょっと登ったら休憩〜!って感じで水を飲みながら、なんとかかんとか山頂までたどり着きましたよ^^;

ちびっ子たちが普通に元気に登っててすごかった^^;



山頂は、ガスが出たり去ったり、という感じで10メートル先も見えない状態になったりして「山の上だなぁー」って感じがしましたよ^^(語彙力)



しばらく休んだら寒くなってきたので持参したコーヒーを沸かして飲みます。


ちなみにこの時はガスが晴れてる時で、ガスが出てくると向こうの建物が完全に見えなくなります。


山頂には売店とか食堂もあって、人もたくさんいて賑やかでした〜


コーヒー飲んだらアイスが食べたくなったので、洋梨のソフトクリームを食べました♬
これ、洋梨だけは500円でした!高級すぎるアイス🥺旦那さんの奢り🥺


一通り山頂を散策して、下山(500メートルだけど笑)。

良い景色〜




そして帰りは高速を使って一気に帰ってきました〜



運動不足すぎて明日は筋肉痛だろうけど、山登りしてきれいな空気をたくさん吸って楽しかったな♬


旦那さんも、久しぶりの山登りに満足したご様子。

機嫌も治ってました 笑




ということで、今日は伊吹山車中泊のお話でした〜
今日もお読みいただいてありがとうございました🌟



☆:*+・    

応援クリックお願いします☆*+・

人気ブログランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 幸せな暮らしへにほんブログ村

 

 
 


 

LINEで送る
Pocket

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です